ソフトバンク悪夢のサヨナラ負け、15日にもCS消滅 終盤に痛恨ミス…マルティネス7回0封も勝てず

西日本スポーツ

 ◆楽天2x-1ソフトバンク(13日、楽天生命パーク宮城)

 4位ソフトバンクが、5ゲーム差で追う3位楽天と直接対決。必勝を期した一戦だったが終盤に逆転されて痛恨のサヨナラ負けを喫し、ゲーム差は「6」に開いた。

 マルティネスが早川と投げ合い、6回まで両チームともゼロ行進。7回2死から甲斐の適時打で1点をもぎ取った。

 マルティネスは7回無失点で降板。8回から継投で逃げ切りを図った。嘉弥真が先頭山崎剛に四球を与え、1死一塁で板東にスイッチ。浅村の三ゴロを処理した途中出場の高田が、併殺を焦ったかファンブルする失策で一、二塁。島内への四球で塁が埋まり、鈴木大に中犠飛を許してこの回無安打で同点とされた。

 9回は先頭柳田が四球で出塁するも無得点。その裏、森が先頭渡辺佳の安打から1死二塁とされ、連続四球で満塁とされると、岡島にサヨナラ打を浴びた。

 ソフトバンクは残り8試合で、そのうち楽天との直接対決は3試合。15日にもCS進出の可能性が消滅する。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ