工藤監督「四球からは何も生まれない」痛恨サヨナラ負けで繰り返しの苦言

西日本スポーツ

 ◆楽天2x-1ソフトバンク(13日、楽天生命パーク宮城)

 4位ソフトバンクが、必勝を期した3位楽天との直接対決で終盤に逆転され、痛恨のサヨナラ負けを喫した。

 マルティネスが7回を無失点に抑え、1-0の8回から継投。だが嘉弥真が先頭山崎剛に四球を与え、1死一塁で板東と交代。浅村の三ゴロを高田が失策して一、二塁となり、島内への四球で塁が埋まると、鈴木大に同点中犠飛を許した。9回も森が連続四球で満塁ピンチを招き、最後は岡島にサヨナラ打を浴びた。

 工藤監督は「みんな頑張って抑えようとしてるんだけど、もったいないと言えばもったいない」と渋い顔。「結果はこちらの責任。思い切って勝負にいって打たれたら仕方ないんだというの(思い切り)がないと。いつも言っているけど、四球からは何も生まれるものがない」と苦言を呈した。

 楽天とは6ゲーム差となった。指揮官は「勝っていくしかないことには変わりない。楽天とはまだ試合(3試合)もある」と強調。自チームは残り8試合、楽天は残り11試合で「最終的にはうちの試合が全部終わってから待つ形になるかもしれないが、勝っていかないことにはその可能性もなくなってしまう。とにかく終わったことより、また明日ということです」と努めて前を向いた。

 15日にもCS進出の可能性が消滅する。状況を変えられるか。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ