先発左腕2勝の西武 1位隅田が先発ローテ入りと2桁勝利を宣言

西日本スポーツ 鬼塚 淳乃介

 西武からドラフト1位で指名された西日本工大の隅田知一郎投手(22)が14日、福岡県苅田町の同大学で渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)らの指名あいさつを受け、1年目からの先発ローテーション入りと2桁勝利を宣言した。今ドラフト最多の4球団が競合。先発左腕が今季計2勝止まりのチームで即戦力として期待される隅田は、将来の目標に侍ジャパン入りも掲げた。

 隅田を引き当てた飯田光男球団本部長らが本人に手渡したのは、辻監督自筆の「新たな夢のスタートです」というメッセージとサインの入った当たりくじ。隅田は「本年度のドラフト候補で1位という評価を頂いたのはうれしい。1年目からローテーションで投げ抜くことを目標に、できれば10勝」と力を込め「埼玉西武ライオンズといえば隅田、と言われる存在になりたい」と誓った。

 西武は競合4球団で唯一指名を事前公表。実はお互いに通じ合うものがあった。渡辺GMは隅田の大学最終登板となった3日の九州地区大学野球北部ブロック1部の日本文理大戦(福岡県飯塚市・筑豊緑地野球場)を視察。その際、隅田の母ともあいさつできたといい「これはご縁があるな」と感じたという。隅田も「単独指名をイメージしていたので(西武が引き当て)ご縁があるのかなと思った」と指名が決まった瞬間を振り返った。

 渡辺GMは「(来季から)高い確率でローテーションに入ってくるんじゃないかな。開幕からバリバリやってほしい」と期待は大きい。隅田も「いずれは日の丸を背負ってマウンドに立てるようなピッチャーに」と希望に夢を膨らませた。(鬼塚淳乃介)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング