「右の牧原大成」ドラフト指名秘話 目立たなかった逸材を徹底マークしていた訳

西日本スポーツ 喜瀬 雅則

 ソフトバンクからドラフト4位指名されたNTT西日本の野村勇内野手(24)が15日、大阪市内の同社で、永井智浩編成育成本部長兼スカウト部長と稲嶺誉スカウトに指名あいさつを受けた。

 内外野ともこなすオールラウンダーは、パンチ力のある打撃と俊足も魅力で、昨年も指名候補の最終リストに残っていたという“2年越しの恋人”。プロではまず、二遊間で勝負させる方針で「今の1軍の中で、十分に競争できるタイプ」と永井部長も絶賛する逸材だ。

    ◇    ◇

 香川・藤井学園寒川高では甲子園に出ておらず、拓大時代は東都の2部。全国的に目立った存在ではないが、ソフトバンクはこの2年、野村を徹底的にマーク。「足は速く、だから守備範囲も広い。スイングも強いから当たったら結構飛ぶ。練習も熱心にやるし、ホントにいい選手」と関西地区担当の稲嶺スカウトは自信満々だ。実は昨年のドラフト前も「絶対に取るべき選手です」と永井部長に猛烈プッシュをかけていたほどだった。

 ただ、昨年10月の練習中に左有鉤(ゆうこう)骨を骨折。このアクシデントで昨年の指名は見送られたが、今季の公式戦では、チームのデータによると打率3割5分、得点圏打率も5割4分5厘のハイアベレージ。守っても社会人1年目で外野、2年目は二塁、3年目の今年は遊撃がメインとオールラウンダーぶりを発揮。周東やグラシアルが故障で離脱した今季は、野手陣の顔ぶれが安定しなかっただけに、永井部長は「今年からいてほしかったくらいの存在」と話し、そのプレースタイルを「右打ちの牧原大成」と評した。

 拓大4年春には9盗塁で、東都2部のリーグタイ記録をマークした50メートル5秒8の俊足は「あまり盗塁を失敗した記憶がない」。永井部長はまず、二遊間で勝負させたいとのチーム方針を明かした。今ドラフトは1位が右投手の風間、2位に長距離砲の正木、3位は左投手の木村と、バランスよく順当に指名ができた上に「野村君を4位で取れて、全体が100点になった。それくらいのキーマンだと思っていたし、いい風が吹いた」と満足そうに野村を見つめた。

 「代走でも守備固めでもチャンスをもらえたら、こつこつと頑張りたい」。謙虚に目標を掲げた24歳が、攻守のあらゆる局面で重宝できる“牧原2世”になれる日も、そう遠くはなさそうだ。(喜瀬雅則)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ