大学通算わずか2試合登板 東北福祉大・大竹風雅を5位指名したソフトバンクが思い描く「将来図」

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 ソフトバンクにドラフト5位指名を受けた大竹風雅投手(22)と育成4位の三浦瑞樹投手(22)=ともに東北福祉大、育成2位の川村友斗外野手(22)=仙台大=の3選手が15日、それぞれの大学で福山龍太郎アマスカウトチーフ、作山和英アマスカウトチーフ補佐から指名あいさつを受けた。

 最速150キロ右腕の大竹風は真新しいホークスの帽子をかぶり、「ソフトバンクの帽子が似合うような、信頼される投手になりたい」と意気込んだ。大学での公式戦登板は2試合に1イニングずつのみ。育成4位左腕の三浦やオリックスに1位指名された椋木蓮らが主戦として活躍しており、昨秋に右肘のクリーニング手術を受けた影響もあった。

 だが、故障が癒えた春のオープン戦では自己最速の150キロをマーク。落差のあるフォークとのコンビネーションで三振を量産した。

 福山チーフは「潜在能力は高い。スピードボールと落差のあるフォーク。広島の森下(暢仁)投手のようなイメージ」と評価。福島・光南高時代は内野手兼2番手投手で甲子園出場もないが、当時から担当の作山チーフ補佐は追い続けてきた。

 育成契約ながら、アマでの実績では三浦が大竹風より上だ。盛岡大付高3年時に春、夏と連続で甲子園8強入りを果たした。最速147キロの直球に多彩な変化球を操る。大学では1年時からリーグ戦に登板し、仙台六大学リーグ戦通算26試合で10勝0敗。全国大会も経験している。「大竹(風)より先に1軍に上がれるように頑張りたい」と、プロでも切磋琢磨(せっさたくま)を続ける。(伊藤瀬里加)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ