ソフトバンク痛恨サヨナラ負けを招いた貧打と拙攻 チーム防御率トップなのにBクラスの怪

西日本スポーツ 倉成 孝史

 ◆ロッテ3-1ソフトバンク(15日、ZOZOマリンスタジアム)

 今季を象徴するような貧打と拙攻が、痛恨のサヨナラ負けにつながった。初回。相手先発の岩下が、中軸に3連続四球と乱れ、2死満塁の好機をもらった。だが、続く中村晃は、いい当たりながら右飛で無得点。2回も相手失策などで1死一、三塁の好機ができたが、牧原大が高めの直球に手を出して一邪飛、続く三森も力ない右飛に倒れ、得点を奪えなかった。

 「いつも言っているように、もう一本が出れば苦労はしないので。そこは向こうだって必死に抑えようとしている」。工藤監督は、普段通りに、そう打線をかばった。ただ、チャンスでの「もう一本」が出ない以前に、あまりに打線全体にパワーと覇気がない。得点は5回2死一、三塁から岩下の暴投による1点のみ。直後に同点に追い付かれると、6回からは4イニング連続無安打に抑え込まれるなど、わずか3安打に終わった。

 笠谷が6回途中1失点と試合をつくったように、3位まで5ゲーム差のBクラスに沈んでいながらチーム防御率は現状リーグトップだ。打線はこれで9試合連続1桁安打。「Bクラス確定」は、すぐそこに迫る。せめて、最後の意地を見せたい。(倉成孝史)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ