バレー女子日本代表古賀紗理那が実戦復帰 五輪で右足首負傷「リーグ後半にピークを」

西日本スポーツ

 バレーボールのVリーグ1部女子は16日、佐賀市のSAGAプラザ総合体育館などで6試合が行われ、NECがKUROBEにストレート勝ちした。

 東京五輪で右足首を負傷したNECの古賀紗理那(熊本県大津町出身)が第2セットに途中出場した。足首に不安を抱えていたが、2カ月以上遠ざかっている実戦に慣れる目的でプレー。アタックを打つ場面はなく無得点ながら「試合勘を戻す上で大切」と起用した監督に感謝した。

 試合は快勝。古賀は仲間に頼もしさを感じつつ「リーグ後半にピークを持っていきたい」と勝負どころでの完全復帰を誓った。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング