ソフトバンク栗原&デスパイネ中押しアーチ 柳田とのトリオ弾は今季初

西日本スポーツ

 ◆ロッテ4-10ソフトバンク(16日、ZOZOマリンスタジアム)

 ソフトバンクは2回に逆転3ランを放った柳田だけでなく栗原とデスパイネもアーチ競演で快勝に導いた。

 2番に入った栗原は4回2死から右翼席に特大の19号ソロ。「とにかく追加点を、という気持ちだけ」と左腕鈴木の直球を完璧に捉えた。1点差に追い上げられた直後に飛び出した10試合ぶりの一発。「試合の流れを考えても、いい追加点となった」とうなずいた。2回に右前適時打、8回にも右前打。8月20日のロッテ戦以来、約2カ月ぶりの猛打賞と気を吐いた。

 4番のデスパイネも7回先頭で右越えの8号ソロ。初球をファウルした際に転倒して脚を気にするそぶりを見せたが、「集中して打席に入ることができた。しっかり自分のスイングができた」と、6球目の外角直球を捉えた。今季初めての柳田、栗原、デスパイネの一発そろい踏みとなった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ