ソフトバンク石川今季ワースト3被弾 勝利投手の権利目前で降板の理由は?

西日本スポーツ

 ◆ロッテ4-10ソフトバンク(16日、ZOZOマリンスタジアム)

 先発の石川が、自身3試合ぶりの白星を手にすることはできなかった。初回2死三塁でレアードに先制2ランを浴びると、続く山口にもソロを被弾。直後に味方打線が5点を奪い逆転したが、3回にも中村奨にソロ本塁打を許すなど、今季ワーストの3本塁打を浴び4回4失点で降板となった。

 勝利投手の権利まであと1イニングでの交代について、工藤監督は「背中の張りというのもあり(登板日を)1日ずらしたけど、終わった後に聞いたら気になっていたと…。僕が見ていても気にしていた」と説明。石川は「結果的に点は取られてしまいましたが、調子が良くない中で何とか我慢しながら投げました」とチームの勝利に救われた様子だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ