J1福岡主将の前 残留決定にも「来年につながる取り組みを」

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J1第32節 神戸1-0福岡(16日、ノエビアスタジアム神戸)

 アビスパ福岡のJ1残留が確定した。アウェーで神戸に0-1と敗れて勝ち点46から伸ばせなかったが、降格圏の17位湘南がサガン鳥栖と1-1で引き分けて同28、16位徳島は3-5で横浜FCに敗れて同29にとどまった。残り6試合で湘南と徳島の直接対決があるため、両チームのどちらかが福岡を上回る可能性がなくなった。2001年に初めてJ2に降格となり、05年にJ1昇格を決めて以降、5年ごとに昇格と降格を繰り返した「5年周期」に別れを告げ、J1の強豪クラブを目指す。

   ◇   ◇

 主将の前は大黒柱としてJ1残留に大きく貢献した。中盤の不動の軸としてここまで全試合に出場し、攻守に貢献。「残留はクラブが目指していたのでうれしいこと」と冷静に語った。神戸戦でもイニエスタら個の能力の高い神戸の攻撃に落ち着いて対応。後半41分に決勝点を奪われての2連敗に悔しさを隠せず「神戸は選手の質が高く、上位を狙えるチーム。自分たちは個々のクオリティーはまだまだ。ここからの残り6試合は、チャレンジできる時間。来年につながる取り組みをしたい」と力を込めた。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング