元HKT48駒田京伽の写真集タイトルは「昼想い、夜夢む」 表紙も解禁

西日本新聞 古川 泰裕

 元HKT48の駒田京伽(24)=宮崎県出身=が17日、動画配信サイト「SHOWROOM」で、自身初の写真集のタイトルと表紙を発表した。表紙には麦わら帽子をかぶった駒田の柔らかい笑顔が印象的なカットを使用。タイトルは「昼想(おも)い、夜夢む」。昼に考えていたことを夜になって夢で見ること、または「いつも思い続けている」という意味の四字熟語「昼想夜夢」から名付けたという。

 撮影は9月上旬、福岡県内で3日間実施。20代前半の集大成として、HKT時代の活動で思い出深い地を巡り、アイドルとしての自分を育ててくれた福岡のさまざまな表情とともに写真に納まっているという。

 HKTの2期生として2012年9月に活動を始めた駒田は19年6月にグループを卒業。以降は「SHOWROOM」などを中心に活動を続け、21年7月に「25歳という人生の大きな節目に、夢の一つである写真集を、集大成としてファンに届けたい」と写真集製作企画をスタートさせた。クラウドファンディング(CF)で制作費を募った350万円はわずか1日で達成。駒田自身も「光の速さすぎて実感がない」と驚いた。

 駒田の誕生日前日の11月20日に東京都内でイベントを開き、購入者に直接手渡す。イベントにはHKT時代に共演したユニット「大人のカフェ」の3人の参加も決まっている。一般書店などでの販売は、今のところ予定していないという。(古川泰裕)

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング