国際体操連盟の渡辺会長、厳格コロナ対策緩和も 関係者の1人がストレスで体調崩す

西日本スポーツ

 体操の世界選手権(西日本新聞社など協賛)が18日、北九州市立総合体育館で開幕する。国際体操連盟(FIG)の渡辺会長は厳格なコロナ対策の緩和について言及した。

 今大会は選手に入国後の3日間を含む高頻度のPCR検査を義務づけ、宿泊ホテルからの外出も禁止されている。関係者の1人がストレスで体調を崩したことを明かした渡辺会長は「北九州市に相談して、空いている公共施設を休憩のために開放するなど対応したい」と心のケアに乗り出す考えだ。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング