「やっぱり打ちたいなと」栗原が残り5試合で狙う初の大台、あと1本

西日本スポーツ

 ◆ロッテ-ソフトバンク(17日、ZOZOマリンスタジアム)=雨天中止

 栗原がフォア・ザ・チームの精神で、自身初となるシーズン20本塁打を目指す。

 16日のロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)で左腕鈴木から19号を放ち、節目となるシーズン20号に王手。今季は残り5戦で、チームはCS進出の可能性をわずかながら残しており「やっぱり(20号は)打ちたいなとは思いますけど、チームが本当に勝てる一本を打ちたい」と意気込んだ。チームでは柳田、甲斐とともに全試合出場を継続中。「疲れはもちろんありますし(調子の)波もありますけど、何とかチームのために、何かしら貢献できたらと思います」。あくまでも“チーム打撃”での大台到達を狙う構えだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ