西武3位指名の中大・古賀「プロでも上を目指し続けて」DeNA4位指名の法大・三浦との誓い明かす 福岡大大濠高でバッテリー

西日本スポーツ

 西武からドラフト3位で指名を受けた中大の古賀悠斗捕手(22)が18日、東京都八王子市の同大多摩キャンパスで指名あいさつを受けた。

 前田球団本部編成グループ育成アマチュア担当チーフ、竹下編成グループ育成アマチュア担当が訪れ、持ち味でもある二塁送球1秒8台のスローイングなどを改めて評価されたという。球団の高い期待を肌で感じた古賀は「1年目から即戦力として勝負したいと思っている。今はプロに入った自分を想像してどうやったら活躍できるのか、正捕手になれるのか、日々考えながら過ごしている」と新たなステージへの準備に余念がない様子だ。

 福岡大大濠高時代にバッテリーを組み、DeNAから4位指名された三浦銀二投手(法大)とドラフト後に連絡を取り合った。「ここがゴールではなく、ここからがスタート。プロに入っても上を目指し続けて、頑張っていこう」と健闘を誓い合ったことを明かした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング