西武松坂が19日にラスト先発「自分の現状を知ってもらえたら」対戦相手には「一球で仕留めて」とリクエスト

西日本スポーツ

 今季限りでの現役引退を表明している西武の松坂大輔投手(41)が18日、本拠地メットライフドームで行われた1軍の試合前練習に合流した。

 19日の日本ハム戦(メットライフドーム)に「引退試合」として先発。この日はチームメートと談笑するなどリラックスした表情で汗を流した。キャッチボールの最後には捕手役を座らせて、変化球など実戦モードの投球も披露した。

 予告先発の発表後、球団を通じて「今日久しぶりにユニホームを着て練習をして、改めてここがホームなんだと実感しました。明日はできるだけ多くの方に今の自分の現状を知ってもらえたらと思います。明日対戦するバッターが誰になるのかわかりませんが、申し訳なく思っております。正直、ストライクが入るかどうかわかりませんが、一球で仕留めてもらえたらと思います」とコメントした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング