西武・松坂の引退登板は打者一人 辻監督「二刀流」検討も

西日本スポーツ

 今季限りでの現役引退を表明している西武の松坂大輔投手(41)が、19日の日本ハム戦(メットライフドーム)で引退試合に臨む。代名詞の背番号18をつけての先発で打者一人との対戦を予定。「対戦するバッターが誰になるのかわかりませんが、申し訳なく思っています。正直、ストライクが入るかどうかわかりませんが、一球で仕留めてもらえたらと思います」とコメントした。

 18日の試合後、辻監督は「(打者)一人の予定です」と説明した。同日の試合前練習中には談笑し、「本当に投げられるようになって良かったねという話しをした。打席にも立つかと冗談で言ったんだけど。(先攻の)ビジターだったらできるんだけどね。打って次ピッチャーいけるんだけど。(後攻は)ピッチャーが先だから」と二刀流プランを提案していたことを明かした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング