西武松坂が涙の引退会見「これ以上、だめな姿見せちゃいけないと思っていた」

西日本スポーツ

 今季限りでの現役引退を表明した松坂大輔投手(41)が19日、埼玉県所沢市内の球団施設で引退会見に臨んだ。背番号18のユニホーム姿で登場し、家族の話題には目を潤ませる場面もあった。

 同日の日本ハム戦(メットライフドーム)で引退登板に臨む。先発し、横浜高の後輩・近藤と打者一人のみ対戦予定。

 登板に向けて「本当は投げたくなかった。今の体の状態もあるし、この状態でどこまで投げられるのかというのもあった。これ以上、だめな姿は見せちゃいけないと思っていたけど、引退をたくさんの方に報告させてもらうと、やっぱり最後にユニホーム姿でマウンドに立っている松坂大輔を見たいと言ってくれる人たちがいた。どうしようもない姿かもしれないですけど、最後の最後、全部さらけ出して見てもらおうと思いました」と話した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング