「みんながあいつのことが好き」“松坂世代”の一員、鷹・平石コーチが同学年の思い代弁

西日本スポーツ

 松坂世代の一人、ソフトバンクの平石洋介打撃コーチ(41)が引退する同級生の西武・松坂大輔投手(41)へねぎらいの言葉をかけた。

 引退試合の日を迎え「ほんとにさみしい、さみしいですよ。ついにいよいよ、大輔もそういう時が来たかと。簡単に思いは見つからない。まずは心と体をいたわってほしい」と惜しんだ。

 同学年が「松坂世代」と呼ばれてきたことについて「大輔(松坂)のことを悪く言う人は本当、いないんですよ。松坂世代と呼ばれることに関して嫌がる選手がいなくて。大輔の人柄だったり。あいつがプロの世界に入ってまず野球で示してくれて、プライベートでも変わらない大輔がいて。みんながあいつのこと好きだと思う」と、世代のトップをひた走ってきた右腕をたたえていた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング