西武松坂「今日という日が来てほしいような、来てほしくないような思いだった」

西日本スポーツ

 日米通算170勝を挙げ「平成の怪物」と称されたプロ野球西武の松坂大輔投手(41)が19日、今季限りでの現役引退を表明後初めて記者会見に臨み「野球が好きなまま終われて良かった」と話した。メットライフドームで行われる日本ハム戦に、プロ入りした時の背番号「18」をつけて先発登板。現役生活に終わりを告げた。

 会見での一問一答は以下の通り。

 ―今の率直な心境。

「選手は誰しも長くプレーしたい。こういう日がなるべく来ないことを願っていると思うんですけど。きょうという日が来てほしいような、来てほしくなかったようなそんな思いがあった」

 ―来てほしかった理由は。

「今の自分の体の状態もある。続けるのは難しいと思っていたので。できるだけ早く報告できれば良かったが、僕自身がなかなか受け入れられなかった。でも(今季限りでの引退を)発表してからやれそうだなと思った日は一度もなかった」

 ―自分で褒めたい部分は。

「諦めの悪さを褒めてあげたい。最後はたたかれたり、批判されたりすることを力に変えて、はね返してやろうとやってきた。でも最後は耐えられなかった。心がもう折れたというか、今まではエネルギーに変えられたものを、受け止めてはね返す力はなかった」

 ―諦めの悪さの原動力は。

「諦めなければ最後に報われると強く感じさせてくれたのは、夏の甲子園のPL学園戦。最後まで諦めなければ報われる。勝てる。喜べる。あの試合が原点かなと思う」

 ―プロとしてマウンドで心掛けたことは。

「最後は逃げない。立ち向かう。どの自分も全て受け入れる。自分に不利な状況をはね返してやる。マウンドには必ずこの気持ちを持って立つようにしていた」

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング