ソフトバンク継投でハプニング、アナウンスは右の板東もマウンドには左の古谷…相手打者フリーズ

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(19日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは8回途中の継投でハプニングがあった。

 7回まで無安打無失点の先発千賀が無死一、二塁のピンチを招き降板。マウンドには左腕の古谷が向かっていたが、場内アナウンスでは右腕の板東がコールされていた。

 これには準備していたロッテの代打・佐藤都も驚いた様子で、ベンチ前でしばしフリーズ。ベンチに戻った千賀も何事かと周囲に確認する様子がうかがえた。

 結局、古谷は登板せずベンチに引き揚げ、板東が登板した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ