松坂の花道を飾れず西武が最下位転落 高橋光成は猛省…辻監督「現状を受け止めるしか」

西日本スポーツ

 ◆西武2-6日本ハム(19日、メットライフドーム)

 ラスト登板に臨んだ松坂の花道を飾れず、西武は2連敗で今季初の最下位に転落した。チームトップ11勝の高橋が2回から3番手で登板。3回に3連打で1点を先制され、同点とした直後の5回には無死一、二塁から、野村に勝ち越しの3ランを献上した。

 4回を8安打4失点で9敗目を喫し「松坂さんが先発された日で特別なマウンドだった。めちゃめちゃ気合が入った。真っすぐは良かったけど、抑えなくては駄目」と猛省。打線も4安打で2点止まり。8回の併殺打の直後に出た山川の22号ソロも空砲となり、辻監督は「現状を受け止めるしかない」と淡々と話した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング