引退の松坂大輔に工藤監督がかけた言葉「人生、野球ができるのは半分。残り半分は…」

西日本スポーツ

 西武の松坂大輔投手(41)が19日の日本ハム戦(メットライフドーム)で引退試合のマウンドに上がった。横浜高の後輩・近藤への5球目が内角に外れて四球。打者1人で登板を終えた。試合終了後は拍手の中でグラウンド一周。マウンドで片膝をついて右手でプレートに触れ、最後は西武ナインと日本ハムの横浜高出身選手らの手で胴上げされた。

   ◇   ◇

 ソフトバンク・工藤監督「いつか終わりはくるけど、怪物と言われたピッチャーが去っていくのはすごく寂しい。『人生、野球ができるのは半分くらいしかない。残り半分、野球界のために頑張れよ』という話はした。彼も野球人。これから野球界のためにできることがあると思うし、しっかり頑張ってほしい」

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ