内村航平、世界体操暫定3位発進 有観客での〝サプライズ〟演出に会場歓喜 

西日本スポーツ

 体操・世界選手権男子予選(20日・北九州市立総合体育館)

 種目別鉄棒に出場した内村航平(ジョイカル)は14・300点で、予選3組終了時点で3位につけた。

 内村は2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪を連覇した個人総合から種目別鉄棒に絞って東京五輪に出場したが、予選落ちだった。この日はH難度の「ブレトシュナイダー」など離れ技は全て成功させた。

 演技後は観客席にサイン入りの日本代表Tシャツを投げ込み、ファンを歓喜させた。生まれ故郷・北九州市での開催で、久々の有観客の国際大会。「お客さんも入るし、客席に投げ入れることをやったら面白いかなと思った。生まれ故郷だし、有観客だし、やらないといけないかな、と。あんな勝手なことするのは僕しかいないと思う」と“サプライズ”の意図を笑顔で話した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング