内村航平、有観客で見せた大技にファンサービス 「やっと本物の世界大会に」

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 体操の世界選手権(西日本新聞社など協賛)第3日は20日、北九州市立総合体育館で男子予選が終了し、橋本大輝(順大)が東京五輪金メダルの個人総合で6種目合計88・040点、種目別の鉄棒で14・633点の1位通過を果たした。5位の床運動、4位のあん馬、5位の平行棒も合わせ、計5種目で決勝進出。鉄棒で2015年大会覇者の内村航平(ジョイカル)は14・300点の5位で突破した。

 床運動は南一輝(仙台大)が14・966点の3位、跳馬は米倉英信(徳洲会)が14・783点の4位で通過。5種目を演技した萱和磨(セントラルスポーツ)は五輪銅メダルのあん馬で14・933点の7位となり、8位の平行棒と2種目で決勝に進んだ。跳馬の安里圭亮(相好ク)は14・233点の16位にとどまり、上位8人(各国・地域最大2人)に入れずに予選落ちとなった。

   ◇    ◇

 演技前のウオーミングアップの動き一つから、拍手とため息が漏れる。生まれ故郷の会場を埋めた観客席を眺めながら、内村は戻ってきた「日常」を実感した。

 「シンプルに、これが試合だなという感じはあった。生まれ故郷というのもあるので、拍手に温かみをすごく感じたし、やっと本物の世界大会になったなと感じた」

 無観客だった東京五輪はひねり技で落下し、予選落ちの屈辱を味わった。「これだけ修正してやってきてても、トラウマは拭えない」と、今回はその技を抜く決断を下した。佐藤寛朗コーチの「何が起こるかわからない。予選を通過することを大事にしたほうがいい」との助言を受け入れて決勝進出をつかみとった。

 H難度の大技「ブレトシュナイダー」など離れ技は全て成功させたが、バーに近づきすぎて肘が曲がるなど完璧にはできなかった。「良かった部分は正直一個もない。意地を見せたというか、どうなってでも最後の最後まで落ちないでやりきるのが演技として出せたかなというだけ」。9月の全日本シニアで尻もちをついた着地を小さく一歩でまとめると、胸をなで下ろした。

 演技後は自らのサイン入りの日本代表Tシャツを観客席に投げ込むファンサービスも行った。「あんな勝手なことするのは僕しかいないと思う。生まれ故郷で有観客。みんなもっと楽しんでもらえる」と笑った。

 32歳の歩みは個人総合の五輪2連覇など栄光に彩られる。「こうしてお客さんがいる中でしっかり演技をやることができて、盛り上がってもらう。僕たちもしっかり返さないといけない。これがスポーツのあるべき姿と感じた」。“生誕の地”で結果以上の価値を感じている。(伊藤瀬里加)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング