西武山野辺が痛恨落球 本職内野手、外野でプロ初出場

西日本スポーツ

 ◆オリックス-西武(21日、京セラドーム大阪)

 西武の山野辺にとって、やや酷な落球となってしまった。

 優勝争いまっただ中のオリックスとの試合に「8番左翼」でスタメン出場。序盤から西武今井、オリックス宮城の投手戦が続いた。

 0-0で迎えた4回の守備で2死一、二塁の場面。紅林の大きな当たりに左翼・山野辺は落下点に達したが、グラブからボールがこぼれた。痛恨の“適時”失策となり2点を先制された。

 3年目の山野辺は本職は内野手。1軍での外野出場はプロ入り初だった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング