鷹は痛恨ドロー、長谷川のラスト飾れず 執念ヘッスラ直後に劇的弾も…森救援失敗でCS消滅寸前

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-2日本ハム(21日、ペイペイドーム)

  ソフトバンクが3連勝目前で同点に追いつかれ、そのままドロー。今季限りで引退する長谷川の最後の試合を勝利で飾ることはできなかった。

 0-0のまま迎えた7回1死二塁で代打・長谷川が一ゴロに倒れたが、一塁へ執念のヘッドスライディング。直後に甲斐が左翼へ先制・決勝の2ランを放ち、長谷川はベンチで号泣した。先発マルティネスが8回無失点の快投。ところが9回に森が2死から杉谷に同点二塁打を浴び、裏の攻撃で勝ち越せなかった。

 試合のなかった3位楽天とのゲーム差は「3・5」のまま。CS進出の可能性はなおもわずかに残る状況ながら、ほぼ絶望的となった。ソフトバンクは残り3試合。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ