西武、対策も実らずオリックス宮城に6戦6敗…辻監督は語気強める「性根入れてやり返すつもりで」

西日本スポーツ

 ◆オリックス3-2西武(21日、京セラドーム大阪)

 西武は天敵に負けっぱなしで終わった。オリックスの宮城に今季6戦6敗。6回途中1失点に抑えられ、1点差で逃げ切られた。辻監督は「これだけ負けたことはしっかり受け止めて。来シーズンは選手たちが性根を入れて、やり返す気持ちでやらないと」と語気を強めた。

 宮城攻略のため、右打者7人を並べた。山野辺は1軍ではプロ初の外野出場。4回の守備では紅林の大きな当たりを落球し、2点を先制された(記録は左失)。指揮官は「(宮城が)左ということで山野辺を左翼に使ったけど、あの2点が痛かった。(先発の)今井に悪いことをした」と振り返った。最下位の日本ハムにゲーム差なしに迫られた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング