“育成なら進学”から…鷹の育成システム聞いた戸畑高・藤野は入団前向き

西日本スポーツ 鬼塚 淳乃介

 ソフトバンクから育成ドラフト1位で指名された福岡・戸畑高の藤野恵音(けいお)内野手(18)が21日、北九州市の同校で福山龍太郎アマスカウトチーフと岩井隆之アマスカウトの指名あいさつを受けた。球界屈指の育成システムを説明され、「育成環境も12球団でナンバーワン。いい話が聞けました」と晴れ晴れとした表情を浮かべた。

 身長180センチ、体重75キロの均整の取れた体格で50メートル走6秒0の俊足。走攻守そろった大型遊撃手は「一番行きたい球団はソフトバンク」と語ったが、育成指名なら進学を考えていた。今後については家族や監督と相談しながら熟慮を重ねるというものの、「もう一度前向きに考えたい」と心境に変化が生まれた様子だ。

 福山チーフは「脚力は周東と同格でプロでもトップランク。大型遊撃手として鍛えて、レギュラー候補になれる逸材」と太鼓判を押す。藤野の目標はヤクルトの山田だ。「(プロ入りを決断したなら)まずは少しでも早く支配下登録され、トリプルスリーを達成できるような選手になりたい」と夢を描いていた。(鬼塚淳乃介)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ