西武が来季40歳の内海哲也と契約へ コーチ兼任も検討

西日本スポーツ

 西武が、内海哲也投手(39)と来季も契約する方針であることが分かった。コーチ兼任での契約も検討しているとみられる。

 移籍3年目の内海は今季2試合に登板し、1勝0敗、防御率7・71。1軍での登板機会は限られたが、イースタン・リーグでは14試合に登板し、5勝2敗、防御率3・26。熱心に練習に取り組む姿勢は若手にも好影響を与えており、自主トレで内海に師事した高卒3年目の渡辺はプロ初勝利を含む4勝を挙げている。

 西武はドラフト1位で大学ナンバーワン左腕の隅田(西日本工大)、2位で佐藤(筑波大)と即戦力左腕を獲得した。松坂が現役を引退し、来季チーム最年長となるプロ19年目の内海の存在は、若手の模範としても期待される。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング