西武4位、身長191センチ左腕の羽田が指名あいさつ 潮崎D「底の見えないポテンシャル」

西日本スポーツ

 西武からドラフト4位指名を受けた東京・八王子学園八王子高の羽田慎之介投手(17)が22日、東京都八王子市内の同校で潮崎編成グループディレクター、担当の竹下スカウトから指名あいさつを受けた。

 191センチの長身で最速149キロ。左肘の骨髄浮腫のため3年夏の登板はなかったが、高いポテンシャルを持つ左腕は「プロの世界に向けて、気持ちを切り替えている」と意欲を新たにした。

 実家はメットライフドームから10分程度というご当地選手で、試合観戦にも訪れたことがあるという。「栗山さんや中村さんは小さいころから見ていた方々。同じチームでプレーさせていただけるのはうれしい」と目を輝かせた。

 潮崎ディレクターは「本当に高いポテンシャルを持つ、投手としての総合力が高い選手。体ができてくれば、底が見えないどこまでいくんだろう、というような選手になると思う」と大きな期待を寄せた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング