西武ドラ4羽田慎之介は“生粋の生え抜き”だった! ライオンズジュニア初のプロ、実家もドーム近く

西日本スポーツ 山田 孝人

 西武のドラフト4位、東京・八王子学園八王子高の羽田慎之介投手(17)が22日、東京都八王子市内の同校で指名あいさつを受けた。191センチの長身で最速149キロの大型左腕はライオンズジュニアの経験があり、球団によると、出身者では初のプロ選手になるという。実家はメットライフドームからほど近くと「生粋の生え抜き」となる若獅子はご当地での成長を誓う。

 潮崎編成グループディレクター、担当の竹下スカウトのあいさつを受けた羽田は「(球場や寮は)何度も近くを通ったことがある」と地元だけに環境の心配はない。左肘の骨髄浮腫で3年夏の登板はないが、今はキャッチボールや体づくりに励む。潮崎ディレクターが「夏の負傷がなければ(各球団)もっと高い評価だった」と評する大器は、「体を大きくしないと腕の振りの速さに体がついてこない」と再発防止に取り組みながら、プロ入りを見据えたレベルアップを図る。(山田孝人)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング