工藤監督の後任に藤本2軍監督 小久保ヘッドら候補に挙がるもチーム立て直しへ急展開

西日本スポーツ

 ソフトバンクの次期監督に藤本博史2軍監督(57)が就任する見通しであることが22日、分かった。工藤公康監督(58)は今季限りで辞任。後任候補に今季就任した小久保裕紀ヘッドコーチ(50)らが挙がっていたが、最終的に球団はここ11年連続で1、2、3軍の指導者を歴任してきた元南海、ダイエー戦士に命運を託す方針を固めた。早ければレギュラーシーズン全日程終了翌日の26日にも発表される見通しだ。

    ◇   ◇

 チームを7年間率いた工藤監督の辞任の意向に伴い、球団は急ピッチで後任人事を進めてきた。将来の監督候補として今季就任した小久保ヘッドコーチを最有力候補とみる向きもあったが、チームは8年ぶりのBクラスが濃厚。球団フロントも低迷の責任を重く受け止めており、来季以降の立て直しを図る上で、豊富な指導経験を持つ藤本2軍監督へ要請を行った。

 藤本氏は2011年にソフトバンクの2軍打撃コーチに就任し、その後も1、2軍で打撃コーチを歴任。19年から2シーズンは3軍監督、今季は2軍監督と、11年続けて現場での指導を続けている。1軍が前半戦から苦しんだ今季は、リチャードや三森といった成長著しい若手を1軍に送り込んだ。(次ページへ続く)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ