今宮は骨挫傷と診断、球団発表 走者と交錯し負傷、2~3週間は経過観察しながら練習

西日本スポーツ

 ソフトバンクは23日、今宮健太内野手(30)が22日に佐賀市内の病院でMRI検査を受け、左脛骨(けいこつ)の骨挫傷と診断されたと発表した。

 今後2~3週間は患部の状態を見ながら練習を行うという。21日の日本ハム戦(ペイペイドーム)で守備中に走者と交錯して左膝付近を打撲し、担架で運ばれ途中交代。22日に出場選手登録を抹消されていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ