ソフトバンク大敗で8年ぶりBクラス確定、CS消滅で5年連続日本一ならず 楽天は2年ぶりCS進出が決定

西日本スポーツ

 ◆楽天8-1ソフトバンク(23日、楽天生命パーク宮城)

 4位ソフトバンクは3・5ゲーム差で追う3位楽天との直接対決で大敗し、4位が確定した。Bクラスは2013年以来8年ぶりで、就任7年目の工藤監督にとって初めて。5年連続日本一を目指した今季はポストシーズン進出がかなわなかった。

 先発・東浜が2回に連続四球から2死満塁のピンチを招くと、三塁リチャードの失策と山崎剛の適時打で3失点。3回にも連続二塁打で1点を失い、この回途中で降板した。5回にデスパイネのソロで1点を返したものの、6回に登板の松本が四球から自身の失策でピンチを広げ、浅村に決定的な3ランを浴びた。

 3位楽天を上回るには、この試合を含め残り3試合を全勝し、楽天が同じく4試合を全敗するのが条件だったが、敗れたことで可能性がなくなり、同時に4位が確定した。

 ソフトバンクのCS進出は、この試合を含めた残り試合を全勝、楽天が同様に全敗のケースに限られた。この場合、ともに勝率5割。勝率で並んだ場合はパ・リーグの規定により、直接対決の勝率が高い球団が上位のため、対楽天11勝10敗4分けとなるソフトバンクが3位だった。

 141試合を消化して58勝62敗21分けで残り2試合。最下位に沈んだ2008年以来13年ぶりのシーズン負け越しも決まった。楽天はCS進出が確定。3位でファーストステージに出場した19年以来2年ぶりとなる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ