来季見据えた布陣で快勝、工藤監督は納得顔「あと1試合頑張りましょう」ラストゲームはM3ロッテ戦

西日本スポーツ

 ◆楽天2-6ソフトバンク(24日、楽天生命パーク宮城)

 4位ソフトバンクが、ともに順位が確定している3位楽天と対戦。8年ぶりのBクラスが決まっており、柳田、デスパイネを欠場させるなど来季を見据えた布陣で快勝した。

 今季初先発の釜元が初打席で安打を放ち、2打席目で1号3ラン。リチャード、三森の適時打も合わせ、楽天先発の岸から2回に一挙5点を奪った。工藤監督は「非常に良かった。つなごうという気持ちで(スイングが)コンパクトになり、最終的に長打につながったりする。いいピッチャーには逆方向や、甘く入った球を逃さないこと。そういうことが出せた試合じゃないかな」と納得顔だった。

 デスパイネはベンチ外。ベンチ入りさせたが出場機会のなかった柳田については「疲労を考慮して。明日(25日)はまた本人と話すって(小久保)ヘッドが言ってましたけど」と説明した。レギュラーシーズン最終戦となる25日は、優勝マジックを3とした首位ロッテが相手。工藤監督は「あと1試合頑張りましょう」と力を込めた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ