栗原2戦連発などで5打点締め 自身初の全試合出場を飾る

西日本スポーツ

 ◆ロッテ7-15ソフトバンク(25日、ZOZOマリンスタジアム)

 ソフトバンク・栗原が2戦連発を含む2安打5打点の活躍でシーズンを締め、自身初の全試合出場を達成した。

 3点リードの2回2死一、二塁で左中間2点二塁打。「いい流れに乗らせていただいた。集中した、いい打席だった」と満足できる一打で美馬をKOした。さらに4回無死二塁では左中間へ21号2ラン。7回にも犠飛を放ち、今季77打点として、自己最多だった昨年の73を超えた。

 打率2割7分5厘、21本塁打も自己記録。東京五輪にも出場したプロ7年目の25歳にとって、充実のシーズンとなった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ