ソフトバンク高谷が来季構想外 15年目、チーム野手最年長39歳

西日本スポーツ

 ソフトバンクの高谷裕亮捕手(39)が来季の戦力構想から外れていることが25日、分かった。

 昨年オフに左膝の手術を受けて迎えた15年目の今季は20試合出場。チームの今季最終戦だった25日のロッテ戦も途中出場していた。

 白鴎大から大学生・社会人ドラフト3位で2007年にソフトバンク入団。堅実なリードが持ち味で、近年は試合終盤でマスクをかぶる「抑え捕手」として首脳陣に重用され、工藤ホークスの躍進に貢献した。野手最年長としてナインからも高い信頼を得ている。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ