柳田ラスト2戦欠場で打率3割フィニッシュ「よくやってくれた」工藤監督

西日本スポーツ

 ◆ロッテ7-15ソフトバンク(25日、ZOZOマリンスタジアム)

 ソフトバンク柳田がシーズン打率3割で終えた。

 2年連続、通算7度目の3割以上。25日は首脳陣と話し合った結果、疲労などを考慮して2試合連続で欠場した。工藤監督は「小久保ヘッドに聞いてもらって、どうしても体が動かないと。本人も『すみません』と話をしていた」と明かした。

 今季はアキレス腱(けん)痛を抱えた状態でスタートし、東京五輪にも出場。工藤監督は「ここまでよくやってくれた」とねぎらった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ