ソフトバンクが高谷に戦力外通告 現役続行意思も球団からポスト打診

西日本スポーツ

 ソフトバンクの高谷裕亮捕手(39)が26日、球団から来季契約を結ばないことを伝えられ、戸惑いを見せた。

 今季20試合に出場し、25日のロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)でも途中出場していたベテランは「本当に突然の話なので、頭の中が整理できていない。まとまっていない」と困惑の表情を見せた。

 昨オフには左膝の手術を受けるなどコンディション維持にも腐心していたが、野手最年長は「この体であと1年、2年頑張れればという矢先だった」と語った。

 現役続行の意思を持ちながら、球団からはポストを用意する打診を受けたことも明かし、今後について「数日、時間をいただきたいと思います」と話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ