西武・平良が右足首を手術 実戦復帰まで約3カ月

西日本スポーツ

 西武は27日、平良海馬投手(21)が23日に東京都内の病院で右足首の手術を受けたと発表した。「右足後方インピンジメント症候群に対する関節鏡視下骨片除去術」で実戦復帰までは3カ月程度を要する見込みという。

 4年目の平良は39試合連続無失点のプロ野球記録を樹立。シーズン途中からは守護神を務め、チームトップの62試合に登板し、3勝4敗、20セーブ、21ホールド、防御率0・90の成績を残した。侍ジャパンの一員として東京五輪にも出場し、金メダルを獲得した。

 右足首の違和感で15日に出場選手登録を抹消された際、辻監督は「投げるのはいいけど、走るのに痛むときがある。早めに検査して、(来春の)キャンプに万全に入れるように」と説明していた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング