競争早くも激化 柳町「レギュラー取りしか考えていない」

西日本スポーツ

 ソフトバンクの柳町達外野手(24)が27日、秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」の楽天戦(ひなたサンマリンスタジアム宮崎)に3番左翼で先発し、2安打1打点と躍動した。今季最終戦の25日のロッテ戦(ZOOマリンスタジアム)でプロ1号を含む初の1試合3安打で猛アピール。激しい外野の定位置争い勝ち残りへ、実りの秋にすることを誓った。

 「1軍戦士」の技を見せつけた。1点を先制した直後の3回2死三塁、右腕小峯の外角球を逆らわずに左前へ運んだ。「真っすぐを狙い通りに運べた」。6回にも右前打。柳町と同じく27日に合流した三森、谷川原、海野もヒットを放つ中でのマルチ安打で、競争を活発にさせている。

 2020年の入団当初から打力が高く評価され、1年目から1軍で安打を記録した。飛躍が期待された今季は、構えた際のバットの角度に悩み、開幕から不調。1軍出場20試合にとどまった。25日の試合後「長谷川選手のようになりたい」と口にした左打者は「来季こそレギュラー。それしか考えていない」と力強く言い切った。勝負の3年目へ、この秋はバットをさらに振りまくる。(長浜幸治)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ