日本ハム鶴岡慎也兼任コーチが来季構想外 現役続行に強い意欲、他球団移籍を模索へ

西日本スポーツ

 日本ハムの鶴岡慎也捕手兼バッテリーコーチ(40)が来季の戦力構想から外れていることが27日、分かった。

 バッテリーコーチ兼任となって3年目の今季は後進育成に重点が置かれ、試合出場はソフトバンクからFA権を行使して日本ハムに復帰した2018年以降では最少の12試合(27日現在)に終わった。先発出場も4試合のみで、打率2割7分8厘(18打数5安打)、0本塁打、0打点。

 若手育成を主とした新たなポストも用意されたようだが、現役続行に意欲を見せ、他球団移籍の道などを模索していくとみられる。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング