ソフトバンク育成12位の打球は「リチャード級の強さ」大分商・三代と仮契約

西日本スポーツ

 ソフトバンクから育成ドラフト12位指名を受けた大分商高の三代祥貴内野手(17)が28日、大分市の同校で指名あいさつを受けた後、同市内で入団交渉に臨み、支度金300万円、年俸360万円で入団が決まった。(金額は推定)

 180センチ、90キロの恵まれた体格を生かした長打力が持ち味の三塁手。高校ではコロナ禍で試合ができない期間もあった中、通算28発を放った。福山龍太郎アマスカウトチーフも「打球は売り出し中のリチャードのように強く、あの体格でスピードもある。一発で魅了する選手になってほしい」と、育成出身で今季9月以降だけで7本塁打の大砲と重ね合わせて期待した。

 三代も「実際にそういう選手が出ていることは自分にとっても自信になる」と“成功例”に刺激を受ける。「スイングだけで球場が沸くような、子どもたちに夢を与えられる選手になりたい」と意気込んだ。(伊藤瀬里加)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ