峰が逆転で予選トップ SGダービー 【平和島】

西日本スポーツ

 平和島ボートのSG「第68回ボートレースダービー」は30日、Vへの第二関門の準優を争う。4日間の予選は、前日2位の峰竜太が逆転トップ。2、3位はそれぞれ前日5位、6位タイから浮上の浜野谷憲吾、秦英悟で、準優の1枠を獲得した。前日首位の平本真之は後半の6着が痛く、4位まで後退して準優1枠すら逃した。ボーダーは通常より低めの5・67。17位に並んだ3人のうち久田敏之が脱落。上野真之介が18番目の椅子を手にした。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング