常勝軍団のシンボル「81」継承 藤本新監督&王会長が見据える先

西日本スポーツ 長浜 幸治

 藤本&王体制でV奪還へ-。ソフトバンクの藤本博史監督(57)の就任会見が29日、ペイペイドームで行われた。4位に終わったチームの再建は、選手、指導者として30年近くをホークスで過ごした新監督に託された。背番号も工藤前監督が背負った81番を継承する意向を示した。この日から肩書が変わった王貞治球団会長兼特別チームアドバイザー(81)も最大限のサポートを約束。球団一丸で新体制を後押しする。

   ◇   ◇

 チームの将来は「ホークスを最も知る男」に託された。藤本監督は「プロ野球人として最高峰のポジション。やりがいがあるのではと思って決めた」と決断の理由を明かすとともに「チーム一丸となって優勝、日本一を目指したい」と力強く言い切った。

 2011年に2軍打撃コーチに就任し、若手育成に注力してきた。同年に入団した柳田の長打力を高め、19年から務めた3軍監督としてリチャードを指導してきた。世代交代を迎えようとするチームを率いるにあたり、横一線の競争を強調。「レギュラーは決まっていない。若い選手にも十分チャンスがある」と若鷹の台頭に期待を寄せた。

 自らが目指すスタイルについては「チャンスに強い打者にたくさん出てきてもらいたい。(得点を)取れるところで取る。そういう野球をしたい」と説明した。そのために奮起を促すのは若手だけではない。「ベテラン、中堅が一体となって戦わないと強い野球はできない。中村晃、柳田、今宮、松田。この辺にしっかり引っ張ってもらいたい」と力を込めた。

 会見に同席した王会長も、ダイエー監督時代に選手として指導した藤本新監督に太鼓判を押す。「南海時代からずっとホークスと一緒に歩んできてくれた。今のチームを一番熟知している。これからは新たな形でスタートしたい。そういう意味では適任ではないかと思う」と期待は大きい。

 王会長は特別チームアドバイザーを兼務することが決定。「サポートしますので、思い切ってやってほしい」とうなずいた。09年に会長に就任して以降、新たな肩書が加わるのは初めて。81歳の年齢を感じさせない精力的な動きでチームを支える決意で、11月4日に始まる秋季キャンプから、新監督とともに動きだす姿が見られそうだ。

 藤本監督の背番号は、今季まで指揮を執った工藤前監督が背負った「81」になる見込みだ。「(前監督は)7年間で5度日本一になってますから。そこまで追いつかないと思うけど、近づくために番号をもらいたいと思います」。秋山幸二、工藤公康と名将が付けてきた番号を背負い、新監督が常勝軍団の再建に挑む。(長浜幸治)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ