B2福岡は天皇杯8回戦で惜敗も日本人選手が奮闘 梅崎HC「十分やれた」

西日本スポーツ

 バスケットボールの天皇杯全日本選手権は31日、東京都立川市のアリーナ立川立飛などで行われ、B2ライジングゼファー福岡は8回戦でB1滋賀に82-91で惜敗した。

 外国籍センターの決定力が明暗を分けた一方で、丹野と白戸がそれぞれ18得点するなど日本人選手が奮闘。最大20点差から猛追した。今季就任した梅崎ヘッドコーチ(HC)の下で戦術を練り上げている段階。梅崎HCは「守備もドリブルでアタックする攻撃も十分やれた」と手応えをつかんでいた。

PR

バスケ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング