5回出場で3連覇を含む4度Vの瀬古利彦が語る福岡国際マラソン「私が一番寂しい」

西日本スポーツ 鬼塚 淳乃介

 第75回目となる今年で大会の歴史に幕を閉じる福岡国際マラソン(12月5日、福岡市・平和台陸上競技場発着)の大会事務局は1日、昨年2位の大塚祥平(九電工)、2月のびわ湖毎日で3位の細谷恭平(黒崎播磨)ら国内招待選手10人を含む出場選手130人を発表した。五輪や世界選手権の代表選考レースとして国内外の名ランナーが歴史を彩った大会。5回の出場で3連覇を含む4度の優勝を誇る日本陸連の瀬古利彦副会長は、自身を成長させた福岡への思いを語った。

 オンライン記者会見に臨んだ瀬古副会長は、福岡への強い思いを感慨深げに語った。

 「残念ながら最後となります。福岡があって私の成長があったと思う」

 早大3年だった1978年に初制覇。79年には宗茂、猛兄弟と競技場内までもつれ込んだデッドヒートを制して連覇を飾り、翌80年のモスクワ五輪代表となった。同五輪は日本が大会をボイコットしたため不参加。同年の福岡で瀬古副会長は同五輪金メダルのチェルピンスキー(東ドイツ)を破って3連覇を果たした。思い出が多いだけに「私が一番寂しい」と率直に語った。

 今年の招待選手は元日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)や川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)など最後の福岡にふさわしい実績豊富なメンバーがそろった。一般参加も含めて自己記録2時間10分以内の選手が20人以上集まりハイレベルなレースが期待される。

 その中で、瀬古副会長が注目選手に挙げたのは地元勢の2人。伸び盛りの26歳細谷と東京五輪で補欠メンバーとなった27歳の大塚だ。「パリ五輪へ名乗りを上げてほしい」と期待を込めた。(鬼塚淳乃介)

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング