藤本博史新監督、早くも12球団の若手で“初タイトル”「選手の自信になる」

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 ソフトバンクの藤本博史監督(57)が1日、“初タイトル”をつかんだ。2軍監督として指揮を執ってきた秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」の全日程を終え、13勝3敗1分けで優勝。ヤクルトとの最終戦(西都)に4-3で競り勝ち、阪神と勝率で並んだが、規定により前年順位が上のソフトバンクが“栄冠”を手にした。2日にはペイペイドームでの1軍練習に参加し、宮崎秋季キャンプ(4~25日)に備える。

 最終戦を最高の形で締めくくり、藤本監督も「優勝できたことは選手の自信になる」と表情が明るかった。試合ではドラ1コンビが活躍した。先発した田中は5回1失点と好投。今季1軍で自己最多の18試合に登板した右腕は「来季はチームから本当の戦力として頼りにされるように」と次のステージを見据える。同点の9回には佐藤直が左越えの決勝アーチを放った。

 12球団の若手がしのぎを削る同リーグで、藤本監督は勝敗よりも個々の技術向上や状況判断力の強化に重点を置いた。積極的な走塁意識を植え付けるため、相手投手がワンバウンド投球すればすかさず走るように徹底。1日の試合前練習では、今年のドラフト1位、井上にマンツーマンで守備を指導する場面もあった。

 4位からの巻き返しを目指す秋季キャンプについて「練習量は増やすよ」ときっぱり。若鷹たちのさらなる成長を期待しつつ、いったん福岡に戻った。(伊藤瀬里加)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ