和田、自らサプライズ提案した高谷との「ラストバッテリー」

西日本スポーツ

 ソフトバンクの高谷裕亮捕手(39)が1日、ペイペイドームで引退会見を行った。ホークス一筋15年間で6度のリーグ優勝、7度の日本一を味わった39歳は、自らの野球人生を「大満足」と振り返った。会見後にはサプライズで和田毅投手(40)と最後のキャッチボールを行い、チームメートの手で胴上げされた。

 和田が相棒のために一肌脱いだ。高谷の引退会見に合わせ、自らキャッチボールを提案した。「(背番号)12番を背負った高谷に投げることはもうないと思ったので。失礼のないボールを受けてもらおうと思って準備してきました」

 ブルペンからの投球は制球が定まらず、高谷から「(構えたところに)くるまで終わりませんよ」と笑顔でいじられる場面もあった。高谷から「一年でも長く(現役を)やってください」と声をかけられると、柔らかな笑みで応えた。

 秋季キャンプには参加せず、11月中旬から来季に向けたトレーニングを指導する予定だ。新体制で迎える来季について、「監督が使いたいと思ってもらえるような投球、結果を見せられるように。毎年そうだけど、勝負の年になる」と早くも意気込んでいた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ