ソフトバンク長谷川新打撃コーチ「選手のために情熱注ぐ」新任コーチ会見

西日本スポーツ

 ソフトバンクに新たに加入する監督、コーチ計6人の入団会見が3日、ペイペイドームで行われた。

 今季まで中日で巡回打撃コーチを務めていた村上隆行1軍打撃コーチ(56)は「(福岡県)大牟田市出身で地元のチームに来ました。明るく元気というところでは人一倍明るいので、これから常勝軍団になるよう自分の力を発揮して盛り上げていきたい」と意気込みを語った。

 今季限りで現役を引退した長谷川勇也同コーチ(36)は「現役を引退してすぐにコーチということで右も左も分からないが、選手のために情熱を注いでいきたい」と決意表明した。

 同じく今季限りで現役を退いた高谷裕亮2軍バッテリーコーチ(39)は「コーチ1年生なので、若い選手と一緒に汗を流しながら成長できれば。選手が伸び伸びとやれる環境をつくりたい」と思いを明かした。

 今季までプロ担当スカウトチーフを務めていた小川史3軍監督(61)は6年ぶりの「現場復帰」となる。「若い子と一緒になって一生懸命鍛えて、いずれ1軍で活躍できる選手を一人でも多く育てたい」と意気込んだ。

 阪神で今季限りで現役を引退した中田賢一3軍投手コーチ(39)は「育成選手を中心に見ることになると思うが、ともに勉強し、成長して、1軍の勝利に貢献できる選手を一人でも多く輩出したい」と力を込めた。

 球団職員から転身した城所龍磨3軍打撃兼外野守備走塁コーチ(36)は「若い選手としっかり対話しながら、一からいい選手、戦力になる選手を育てられるように頑張りたい」と決意を語った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ